夏季プログラム③ 長野県飯田市への訪問

 

こんにちは!本日は夏季プログラム中の長野県飯田市への訪問についての報告です。

 

今年の夏季プログラムでは、長野県飯田市の市民により結成されたレキップ飯田の皆様と、株式会社綿半の方々に声をかけていただき、金沢への小旅行に加えて長野県飯田市への訪問も行いました。

 

飯田市では、地元の方々のお宅にホームステイをさせていただき、また、滞在中地元の新鮮な食材を使用したおいしい食事を提供していただいたほか、

 

飯田市に根付く様々な伝統文化について紹介していただきました。

伝統工芸品である阿島傘や、飯田市が全国一のシェアを誇る水引、伝統芸能の黒田人形浄瑠璃、古くから地域に伝わる伝統的なお祭りなど、どれも素晴らしく、フランス側メンバーも興味津々でした。

 

さらに、飯田市の職員の方に市におけるキャリア教育の展望についてお話を伺ったり、下栗の里というとても美しい自然が残る地域を散策したりと、盛りだくさんな2泊3日でした。

 

レキップ飯田の皆様、綿半の担当者の方々、飯田市のホストファミリーの方々、その他私たちの訪問に関わってくださった飯田市の皆様、本当にありがとうございました! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です